GC wheel!

スペシャルサーフェス!

45mm高の艶ありグロス仕上げ!

現在主流になりましたワイド幅のTLR!

現在リムブレーキの前輪に於きましては、

全く主流で御座いませんタンジェントレース!

横の捻れにはタンジェントレース車輪しかない、と個人的には感じます。

ラジアルレースより確実に~高速コーナーでは安定致しますし

縦の吸収もいい~そう感じております。

Rは通常のイタリアンレース

ハブはPower Way R-13

スポークはPillar 1423 Aero

遅れておりましたが、GC wheel到着致しました!

自分にとりましては、初めての中国人の友達~Gen

彼とはまだ直接の面識は御座いませんが、大変に真面目な人間で御座います。

今までコミュニケーションは英語で御座いましたが~

https://www.youtube.com/watch?v=B5kn_MH6sb4

彼は日本語が少し出来る事を、このイントロ動画まで隠蔽(笑)しておりました。

Genが一生懸命に話す日本語~お聞き下さいませ!

Genへ交渉致しまして、付属品は

FとRのRLスペアスポークをはじめ

10S用1.85mmスペーサー

しっかりと閉まるタイプのクイック

パッド~を

付属とさせて頂きます。

http://cspeed.jp/blog/gc-wheel-version-ume/

過日ご報告させて頂きました通り、リム・ハブ・スポーク~

それらが何処の物か、そして、何処でどうビルドされているか?

全てを可視化、透明化させたプロダクトで御座います。

何処のリムを使っているか、何処の誰がどうビルドしているか~等々

明言出来ない、或いはしない~と致しましても

MSRP30万円超えの車輪やフレームでも通用してしまいます自転車業界~

公正さに欠如した、実に歪な業界であると存知ます。

廉価品=値段なりな内容の物~

を払拭するべく今、Genとc speedのJV車輪 /GC wheel version梅!

69.000JPY(tax less)

2set以上、クラブ単位での複数ご購入/64.000JPY(tax less)

是非お使い下さいませ!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*