For carbon wheel!

カーボン車輪は楽が出来ますので(笑)常日頃より使っております!

そしてここ3年程は

チューブレスタイヤで御座います!

チューブドなどとは比較になりません転がりの良さと振動吸収の優秀さは、

リム高が高く縦に硬い特性から逃げる事が不可能なカーボン車輪~

チューブレスタイヤ以外の選択肢はないのでは?

位まで3年乗って感じております。

この3年、結構な頻度で乗っておりますが~パンクは1度も御座いませんでした。

しかしながら、チューブレスタイヤの泣き所~

近年TLRリムが登場以降、泣き所は緩和されたと存知ますが

ビードがどうしても上がらない!=頻繁にお聞き致します(笑)

そのようなシーンへの最終兵器~

http://www.trisports.jp/?q=catalog/node/9249

バルブコアを外さず~シーラントを入れられ、流入エアボリュームは

VS通常のバルブ275%!!

これは画期的な品物だと存知ます。

どうしても~ビードが上がらない~で、フロアポンプを何回もポンピング~

などのシーンから解放されると存知上げます(笑)

Vmax tubeless valve/2.200JPY(tax less)~

実験的に2カ月~使用してみました、自分の知り得る限りでは最廉価シュー!

レングスが長いですが、シマノカートリッジ対応で御座います。

600JPYとは思えません性能だと個人的には感じました!

ASHIMAの薄型シュー

ワイドリムが主流で御座います現代のカーボンリムへは、Thin padがマスト~

かも知れませんが

こちらも~750JPYとは思えません!

あ~体力も脚力も衰えて、、もう少し楽に走れたらなぁ~と

切実さを加速させておられます中年世代の自転車好きの皆様へは

現代文明の利器より、最大限の文明享受をcarbon wheelで!

と感じております。

レース派ではなくファンライド派の皆様へは、高額車輪がマストではなく~

チューブレスタイヤがマスト!

萎れた中年の自分がこの3年使い続けました結論で御座います(笑)

For carbon wheel!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*