DUELL VOGUE!

新世代のスティール、Dedacciai E.O.M 16.5

フレックスは感じません。

この意味では、従来型のスティールと違う感覚を覚えます。

このフィールには、スティールフォークではなく

カーボンフォークがマッチすると思います。

50mmハイトの車輪も、よく似合うと思います!

だったら素直に、カーボン乗ればいいのでは??

そうお感じかも知れません。

フレックスを感じないのは、最新のカーボンに似ている雰囲気でも・・

アシに返って来る踏みの感覚は、確かにスティールです。

この感覚は、優れたバデットチューブでも、経験出来ない感覚だと思います。

踏みのステッフネスと、アシへの返り・・

両方ステッフネスなのが、多くのレースカーボン車だと思います。

果たして、アシが残るのは??

オランダのDUELL

タフなスピードレーサーも多い彼の地で造られています。

彼等のメソッドを最大限に具現化した車体、

VSカーボンの選択肢

DUELL VOGUE/PASSION!

ご興味ある方は、Products欄ご覧下さい!

オーダーリードタイムは、現在約8週間です。

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>