Do you love narrow Qfactor?!

画像-0184す

110mm JIS軸で、134mmQfactor

ISO軸のマジ物トラック以外で~

ここまでナローな物は見た事がありません!

画像-0185む

純競技用ではありまんので、撓ると思います。

しかしながら~

ロードゴーイング固定車体のクランクとして

画像-0187る

ゴリゴリの剛性は、アシに来るだけです(笑)

画像-0190し

103mm軸とのクリアランス~ウィップを考えるとギリギリですが、

6mm程度のクリアランスを撓らせてヒットさせる程、パワーは御座いません!

画像-0192み

設計上、147.5mmQfactorの杉野マイティ

画像-0189ち

強烈な差です。

画像-0195ふ

チェーンラインもストレートが出ます。

画像-0193よ

46Tとのセットしか選択肢はありませんが~

PCD110ですので、歯はいくらでもOKです。

 

回転ベースがあってこそ、トルクペダリグが成立すると思います。

では、その回転ベースとは何で磨かれるのか?

tatsuya

ナローで、鋭いピックアップのペダリングだと思います。

Velo Orenge Grans Cru flated Single crank/18.000JPY!!

パワークランクを使う若者へ~

衰えるパワーを、スキルでカバー?!

いえ、完全に車体と旋律が調和するペダリングは~

理屈抜きで、楽しく、気持いいんです!

旋律を奏でましょう、ナローQfactorクランクで!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>