Caution for Effeto Mariposa!

もう時代は完全にチューブレスタイヤ~で御座います事は、一度でも乗られた方へは

既にお分かりであられると存知ます!

転がる軽さや、振動吸収の良さはチューブ入りの比ではなく

低出力Egであればある程、その恩恵(笑)が大きい~と存知ます。

自分個人の感覚でありますが、今までギア車用タイヤで最高のタイヤは

SOYOシームレスチューブラーのラテックスの方で御座いましたが~

現代のチューブレスは、それを超えたと感じております。

http://www.e-ftb.co.jp/Item?syohin=7640164680552

今まで当社にて、このチューブレスキットを使いクリンチャーリムへ

チューブレスタイヤを入れさせて頂きました方が多くおられますが

その内2名様より

このような状態になり切れてしまう~事例が御座いました。

インポーター様へお尋ね致しましたが、

耐用年数については不明との事で御座いました。

素材的に鑑みましても、未来永劫などではなく2年位~とも感じますが

上の写真の物は自分個人の車輪で、2年前2017から使っていた物で御座います。

通常、4.7barでの使用で御座いましたが~ベーステープを2wrapでも

ニップルホール上はこの状態で御座いました。

最近2日位でビードが落ちておりましたので、タイヤを外してみました処

このような状態で御座いました。

Effetto Mariposaでチューブレス化させて頂きました皆様へは

現況運用に異常が御座いません場合でも、将来はこのような状態になります事~

可能性と致しまして、ご案内申し上げます。

接着接合テープの構造上、時間経過で接着が弱くなります事は事実と存知ます。

チューブレスを今後も永く安定運用なされます場合には、やはり

現在はもう、TLRリム~であると存知上げます。

最近エア漏れが多いような気がする~等々な場合には

ご留意頂けれ幸いで御座います。

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*