Came OGK IZANAGI !

OGKのNew product

ADモデルが参りました!

展開色中、一番クールだと個人的に感じますこのグリッターカラー!

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/izanagi/izanagi.html

詳細は上記をご覧下さい。

目方だけで御座いますと、

このNewより軽い物もOGKラインには御座いますが

このIZANAGIのプライオリティは、涼しい事と

BOAシステムを導入したフィッティングの良さ~だそうで御座います。

スケルトン部分も

清涼感への大きなアクセントとなっていると感じますが

この夏、2020 Tokyo用に~代表選手と同じ

特別ペイントモデルも予定されていたそうで御座いましたが、、

そのリリースは2021へ~だと推察申し上げます。

そんなIZANAGIで御座いますが、

残念ながら自分はヘルメットを多く使った経験がなく

数多くのヘルメットをこれまで使って来た当クラブ・Yukiko sanヘ

テストして頂く事と致しました!

彼女は現在10個以上ヘルメットを所有しており、

ヘルメットには拘りがあるそうで御座います。

どのヘルメットでも、路面振動でヘルメットが前へ落ちて来てしまい~

アイウェアが押し下げられてしまう事があるそうで御座います。

その辺りの事をBOAシステムで抑制出来るか?

涼しさはどの程度なのか??

湿度が高く気温も30度近くまで上昇致しました本日~

箱根旧道七曲の上り下りで実証走行をして参りました!

湿度が高い中、発汗も多くなります峠の上りでは

さすがに涼しい~まではないものの、

今までのヘルメットよりは快適であったそうで御座います。

ハードなブレーキグが連発するタイトターンが多い旧道七曲の下りでも

コーナリング中の左右へ加重移動の際~

ヘルメットが前へ落ちて来る事はなかったそうで御座います。

凄く気にいった~そうで御座います!

ズレて来る事もなく、フィッティングが特にいい~

との事でも御座いました。

厳しいシーンへ向けた本格的なヘルメットだと存知ます。

お値段も本格的な33.000JPY(Tax less)では御座いますが

本格的な条件へ応える内容をもつプロダクト~と言える

以上、

本日の実証走行の結果で御座いました。

7月より一般販売開始で御座います、ご検討下さいませ!

Came OGK IZAMAGI!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*