8630R is no turning back!

画像-0149ぬた

8630RのPanasonicですが、

画像-0157ふら

アウター受けなど、ありません。

画像-0151へさ

Di2から

画像-0161

後戻りなんて~

画像-0162

出来ません!

画像-0139ぬは

スティールフレームにコードは内臓

画像-0173

見た目のすっきり感は~

画像-0174

ココにヒモが無い事は~

最高だと思います!

画像-0164

巻き取りギアのないタイトなブランケットレバー

画像-0165

Di2最大の利点だと思います。

画像-0136ひしな

画像-0172

36H/4crossのtubular SOYO upstreem24の足回り

+Di2のPanasonic Kaisei8630R

画像-0167

ワイヤードへは、後戻りしない車体~

8630R is no turning back!!

走行体制整いました!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*