時代は・・鉄?!

c speedのテラスには、自分の車体をいつも置いているんです。

商売品でもないのに・・

「普通は売りモノ出すだろ!」

って、いろいろな方からご忠告頂戴しています。

ご最もな事なんです(笑)

レースも昔から走っては来ましたが・・レースで走るには・・

カーボンが速く、ウェポンとしては最高です。

これはもう、揺るぎない事実です!

でもでも・・

c speedは、速さだけを追う事はしない気持なんです。

正確には、速さだけを追える内容がない、とも言えます(笑)

それは、自分自身がトップレーサーでもなかった訳で・・

いくら速さを追ったとしても、その水準を語る資格がないからです。

本当に踏めるアシが無いにも関わらず、雑誌でインプレッションなどをしておられる輩がおいでですが・・

どうなんでしょう(笑)

その一方で、速度によらず、かっこよく乗るには・・

今でも、鉄は十分な性能を持っています。

今、鉄鉄って言うと・・

過度なクラッシックマニアを連想される方もおいでだと思います。

それも、自分の感覚ではありません。

今の時代で、今の部品で、生きる鉄を・・

部品なんて、廉価モノでも・・

セッティング次第、乗り手次第で・・

美しく、カッコよく、十分に走る!

それを主張したくて。。

敢えて安物部品で構成した、橙色の自分の車体を置いています。

嬉しい事に、この車体に引かれて入店される方が最近多いんです!

今日も・・

Nakajimaの車体に乗って来られた方!

某有名出版社へご勤務の方!

これまた、敢えてVPに入れているWWDに・・初めて反応(お仕事柄当然ですが!)して頂けました!

Mr.TJから聞いたと仰せのスイス人の方や・・

鉄に反応して頂ける方・・

いろいろです!

自転車は、カーボンや高い部品だけではありません。

セッティングと、乗り手のセンスです!

・・こでじゃ、商売にはなりませんでしょうか(笑)

c speed

H.koyama

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>