Bridgistone RADAC by double Fix cog!

80年代を駆け抜けたBSの名車、RADAC!

画像-0001

アランやビチューに触発されたBSが

接着工法でアロイチューブを繋ぐフレームへチャレンジし~

当時同じ手法で宮田を始め、国産メーカーが追従したと思います。

画像-0002

まさしく当時、RADACは一世を風靡したと思います。

スティールとのハイブリットや後期にはカーボンチューブモデル~

生産台数も相当出たのがRADACでありますが

画像-0035

30年の時間を経た現在、状態のいい物はどんどん減っているとも思います。

画像-0018

当時同じ物を二本買いまして、この黒は少し乗りました後

ずっと眠らせておりましたが

最近サイクリング用として復活させました!

画像-0003

若かった自分は、このオールアルミのRADACの柔らかさに

不満だったのでありますが

画像-0019

衰えました今乗りますと、至極の乗り心地であります(笑)

画像-0021

これだけ状態のいいRADACは、もう現在あまり無いのでは?

画像-0029

とも思います。

画像-0024

今回このRADACをRoad Going KOTEI仕様へ組み直しました。

画像-0017

167.5mmのSunXCDクランクヘPCD130mmスパイダーを咬ませ

VeloOrengeの46Tをセット

画像-0006

Rは16/18のダブル固定コグです。

画像-0031

問題なくテンションは出ておりますが

Rハブはクイック化出来ないハブですので15mmのDAナッツ仕様です。

画像-0023

新品部品と手持ち部品を合せ、Road Going KOTEI化致しました。

画像-0028

シートC-T/550mm  トップC-C/535mm

画像-0020

ステムNitto UI120mm  ハンドルNitto Mod.55 black 420mm

画像-0026

トレーニング云々ではなく、サイクリング用へ自分用に組みましたが

Road Going KOTEIに気軽に乗りたい~とご興味頂けます方へは

お譲り可能です。

しかしながら、古い車体で御座います事をご理解頂けます方以外は~

お勧め出来ません。

ひとつの時代を築き、歴史を刻んだ純国産アルミ接着フレームRADAC!

Road Going KOTEIに姿を変え~今、リ・スタートです!

Price: ¥78,000.00

DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter