Time is Silk camper!

嘗て、夏と申しますと~

ロングツーリング、の時代が御座いました!

写真は

開通直後の南アルプススーパー林道で御座いますが~

普段は林道ツーリングに使っておりましたランドナーへ

キャンピングキャリアをつけ

テントと寝袋を持ち~各地を彷徨う夏を過ごしておりました。

そのような嘗ての若い時代の事を

40年ぶりに今再びやってみますと~

改めて感じる事が多々御座いました。

仲間とヒーヒーいいながら共に走る!

ロードより当然ながら上りはキツいですが~

その事を含め

それが~全部全部、自転車旅!

時節柄、キャンプは流行しておりますが~

車やバイクではなく、己の身体を動力源とし

全てを楽しむ~は、自転車でなければ

味わえない~と40年ぶりのキャンプツーリングで

改めて強く感じた次第で御座います!

現代に於きましては、このようなスタイルが主流で御座いますが~

自分自身でやって感じます事は

やはり重心が高く~安定感は脆弱で、林道や下りコーナーに弱い

で御座いました。

このようなスタイルは現在もう、時代遅れだと存知ますものの~

低重心での走行安定性は、全く時代遅れなどではない

とも今回改めて感じました。

自分のような年齢の人間の時代では

各社のキャンパー車体が最上級車体~で御座いましたが

その中でも、片倉シルクのキャンパー車体

通称:シルキャン!

こそ、憧れの車体~な時代が御座いました。

http://cspeed.jp/products/%e7%a8%ae%e9%a1%9e/silk-randonneur-2/

ランドナーのスタイルに

キャンプの時にだけキャンピングキャリアをつけ出かける~

時代錯誤かも知れませんが、今こそ

Silk!

今再び~Silkの出番が巡って来た!

40年ぶりの感想で御座います。

Silkへご興味頂けます場合~ご一報下さいませ!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*