Time is made in Japan Panasonic!

ジテンシャ業界では今~納期の見通しがつかない!

等々で大変だと存知ますが

それは~中華やアジアへ依存し過ぎた成れの果て

だと個人的には感じております。

そんな現況の中

リードタイムを頑なに尊守する~Panasonic!

過日も、この車体のご注文を頂戴致しましたが~

https://cycle.panasonic.com/products/pos/custom_order/frcc12/

自分も約4週間、試乗車体をお借りし乗らせて頂きました。

8630Rと017のコンビネーションなど初めてで御座いましたが

8630Rだけのモデルですと

自分の貧脚には硬過ぎと感じておりましたが~適度な撓りが

大変気持ちよくアシを削られない車体で御座いました!

この車体をディスクブレーキ化致しましたモデル~

これはスペシャルで御座いますが、

2019、c speedも参加させて頂きましたJapan Bike Techniqueへ

https://japanbiketechnique.org/jbt2019/participatingteams/

Panasonic teamが持ち込み参戦した車体で御座います。

特別誂えのOSヘッド用のラグまで拵え

商売上の不効率(笑)を厭わないメーカーなど

Panasonicさん以外御座いません!

金じゃね~んだよ、

は世界へ誇れる我が国の職人エリアの気質、だと存知ます。

様々なモデルを今までPanasonicさんより~

試乗車体としてお借りし

乗らせて頂きました。

中でも個人的に現在でも一番いい~と感じますのは

住友へアウトバデット加工を特別発注したTiチューブを使う

タイタニウムのversion Hで御座います!

新規車体では必ずテスト走行を~風張林道4本反復上がり走行致しますが

4本の時計ギャップが一番少ないのがversion Hで御座いました。

とにかく何故だかアシが残る~そのような感覚に加え

踏んでもアシに何故こない?

これだけ踏めば~普通ならアシ終わるのに!

な感じでも、まだアシは残っている~不思議且つ感動的モデル~

だと現在でも自分は思っております。

自社工場自社社員で最終のペイントまで一貫し作製する~

生産業の基礎理念を未だ曲げないPanasonic!

どこぞの経済アナリスト様から効率について批判されようが

我が道をゆくPanasonic!

我が国が失した誇りとは、ここでは御座いませんでしょうか?

Time is made in Japan Panasonic!

約束した納期、約束事は~必ず守る

彼等Panasonicのポリシーで御座いますが

中華やアジア製で見通しがつきません今こそ~

Panasonicだと存知上げます!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*