Panasonic Mod.FRCC 12!

以前乗りましたPanasonicの8630Rと017のコンバインモデル~

http://cspeed.jp/products/frame/panasonic-frcc01/

撓る感覚が、自分の好みにぴったりで御座いました!

20万円の予算で流行に左右されず永く乗れるモデル~

+走行感覚が優れている

ですと~大変現実的な選択かも!

と今思っております。

勿論、予算を拡大可能な際には~更によい物は御座います。

しかしながら、

ある程度の予算内で、ペイントまで全て自社内製の

日本製メーカーモデルは~もうPanasonicしか御座いません!

http://cspeed.jp/blog/what-are-differences-between-11-and-21/

全てのチューブが8630RのMod.FRCC 22は

更にリーズナブルで御座いますが~

自分程度のアシでは、少し硬いと感じました。

ツーリング的な用途や固定駆動化(笑)へは

Mod.FRCC02だと思います!

https://cycle.panasonic.com/products/pos/custom_order/frcc02/

8630Rとkaisei017のコンバインモデル Mod.FRCC12

https://cycle.panasonic.com/products/pos/custom_order/frcc12/

フル8630Rモデル Mod.FRCC22

https://cycle.panasonic.com/products/pos/custom_order/frcc22/

それぞれの違いについてご興味頂けます場合は~

お問い合わせ下さいませ!

生産現場の若い方々は、

実際に実業団レースへも参戦しておられます!

そしてその生産現場の年齢構成比は~見事なピラミッドを形成し

技術伝承を確実化しておられます!

単なる溶接技術だけではなく、実際に己の脚を使って走る~

Panasonicが永く培うMade in Japanの真髄は~

エターナルで御座います!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*