One by Eleven!

今回は通常のFダブルから

Fシングルへのリモデルを承りました!

Rを11-36のワイドカセットに致しますと

自分個人も散々山岳走行をしておりますが

まず、どんな処でも行く事が出来る~と実感しております。

コントロールは、SENSAH Team Proで御座いますが

このレバーは2×11仕様で左レバーは前板2枚へも対応致します。

SENSAH Team proを山岳走行で相当酷使致しましたが

現在まで全く問題御座いません!

ワイヤー類は我が国メイドの日泉ケーブルで御座います。

足回りはチューブレス化とさせて頂きましたが

度重なる林道走行でも

今まで、サイドに傷ひとつ入ってはおりません!

舗装路での走行の安定、転がりの軽さ、縦吸収の良さ

そしてコーナーでのグリップ力~は、クリンチャーの比で御座いません。

フレームは、丹下プレステージでは御座いますが

一般的なプレステージではなく、低温溶接用にPanasonicが別注する

特別な熱処理管で御座います。

https://cycle.panasonic.com/products/pos/custom_order/frcc02/

現在諸々の処の物が入荷目処が立たない~との事で御座いますが

そのようなOEMメイドのブランドではないPanasonicには~

それらの事象など、無関係で御座います!

オトナになったら、マイペースで山遊び~

それにはFシングルのOne by  Eleven仕様のスティール車

が、末永く楽しく乗れる車体~だと存知ます!

http://cspeed.jp/products/frame/corse-nove/

c speed PBのCORSE NOVEも~One by ElevenやRoad Going KOTEIヘの

ベースフレームとして控えております(笑)

One by Elevenのご紹介~で御座いました!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*