A summer color Panasonic!

何処にも逃げ場のない現代のガチガチなカーボン車体とは

真逆をゆく~Panasonicオリジナルの低温溶接用プレステージチューブ!

撓りを生かすその乗り味は~

ギアを掛けましても~

BBが絶妙にウィップ致しまして~

踏みアシと引きアシが、完全にシンクロ致します!

このような車体の方が~一般的には疲れず、アシも削られないと存知ます。

シャープなフォルム

トラディショナルな

佇まいは、永く付き合える1台~とも存知ます。

74DAの1インチヘッドパーツに

福島メイドのNitto S65

同じく旧称パールのNP

バーは185

ザ・ロードレーサーのフォルムをマースバーが引き立てます!

大阪メイドのPanasonicへ、福島メイドのNitto

そしてタイヤも兵庫メイドのPanaracer

構成パーツはR8000の島野アルテグラ

我が国製産業の底力を全身に漲らせる車体~Panasonic!

https://cycle.panasonic.com/products/pos/custom_order/frcc03/

夏色を纏い~出撃体制完了で御座います!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*