Blog

04.20.2018

Panasonic Ti Test bike!

IMG_6416

IMG_6415

IMG_6416

http://cycle.panasonic.jp/products/pos/custom_order/frtd02/

こちらの車体と

IMG_6418

IMG_6419

IMG_6420

こちらの車体

http://cycle.panasonic.jp/products/pos/custom_order/frtc11/

テスト車体を来月中旬までお借りしております。

ご興味頂けます方は、是非ご試乗下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
04.12.2018

Panasonic Racing color!

1990年ヨーロッパモデルのカタログで御座います。

Pre1

90年と申しますと、あの宇都宮世界戦の時で御座います!

現在とは違い、アマとプロのレースが御座いましたが

勿論、アマレースの前日から現地入り致しまして~

プロレースの凄さを目の当たりに致しまして~

今でも1990年が忘れる事の出来ない年であられます方は

少なくはないと存知上げます!

https://www.youtube.com/user/panasonicbikemuseum

海外では我が国のPanasonicファンは未だ多くおいでになりますが

1990年当時の姿と現在の姿~チューブもプレステージで御座いますし

ほぼ同じと申し上げても過言ではないと存知ます。

https://www.youtube.com/watch?v=FWUOBmhv5ok&t=83s

当時のPanasonic CIカラーでありましたレーシングカラー

029

Tiフレームを

030

Tiフレーム専用のRacing colorではなく

031

スティールフレーム用の白ベースのRacing color~

032

通常は、この白の部分は

038

042

タイタニウムの地金色であります処を、敢えて白に!

相当な天邪鬼

失礼致しました、

037

個性的な選択であられると存知上げます!

040

KK.c speedへ、定期的に海外からPanasonicフレームのオファーを頂戴致しますが

Made in JapanのPanasonicプロダクトの歴史と内容は

我々が思う以上に評価されている~と何時も感じます。

お値段と内容がバランス致しますPanasonicのプロダクトは

KK.c speedがお勧め致しますプロダクトの中核で御座います!

カテゴリー: Blog | コメント: 4 件
04.12.2018

FOOTMAX made in Japan!

019

日本製のきちんとした精紡の物をずっと探しておりましたが

033

こちらの我が国メイドのソックス~

011

暫く使いましたが、大変にいいと思います!

特に

footmax2 こちらのタイプは爪先部分と踵に

シリコングリップが御座いまして、シューズ内でのホールドが大変よく

ダッシュやモガキ、上がりでの加速するダンシング等々

力が要るシーンに於きましてのロスは最低限だと感じております。

footmax1

http://www.footmax.jp/

タイトなコンプレッションも、疲労抑制になる感じも致します。

よく御座いますコスト最低(笑)出来も最悪なアジアメイドの物と

お値段は同じ価格帯であると存知ます。

是非お試し下さいませ!

1.800JPY(tax less)

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
04.01.2018

For Road Going KOTEI!

IMG_5087

漕がずにどんどん進みまして~楽させてくれますRaod Going KOTEI

IMG_5119

で御座いますが

IMG_5126

後輪

IMG_5105

前輪

共にカーボンの深リムへ変更致しまして以降、

IMG_5137

更に

IMG_5138

楽に走行出来るようになりました事~実感しております!

IMG_4270

DA7600LFハブを使いまして

IMG_1948

50mm高のワイド幅

IMG_1946

TLR仕様の28HリムでRoad Going KOTEIのアップデート~

チューブレスタイヤで、更に楽に走行させてくれます仕様へ~は、

如何で御座いますでしょうか?

50mmTLRリムは1本33.000JPY(tax less)で御座います。

後輪のみ、前後ペア~ビルド承ります!

自分の体感では御座いますが、平地で35%、緩斜上がりで25%~

ノーマルのアロイリム車輪より楽が出来る(笑)と感じております。

カーボンディープリムは、

前へ前へと転がり続けます固定駆動と相性がいい~のかも知れません!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
03.31.2018

Panasonic RGK ready!

IMG_5008

Panasonicのベーシックなロードフレーム

IMG_5031

丹下Prestigeチューブのモデルは、

Panasonicの低温溶接用別注チューブでビルドされております。

今回もこのロード用フレームをベースに致しまして

IMG_5028

固定駆動化致しましたRoad Going KOTEI~を組ませて頂きました!

IMG_5007

杉野75クランクでのご要望で御座いましたので

1/8チェーンの厚歯ドライブ仕様~前板48丁

IMG_5018

16丁

IMG_5017

15丁を、島野7600DA/ Wコグハブに入れております。

Panasonicのプレステージの撓りと3回転ギアのマッチングは~

最高だと思います!

3回転ギアでの返りと踏み~それが

丁度シンクロするフレックスをPanaプレステージは持っております。

これ以上硬くても、柔らかくても~シンクロはしないと思います。

IMG_5026

140mmを切る狭いQファクターを持つ75クランクは、今回167.5mm~

30mmレールサドルで、膝が締まるペダリングを自然に引き出しまして

IMG_5012

Pearl120mmと

IMG_5013

Mod.185アルマイトブラックのコンビ~は

IMG_5009

肘を締めて、上半身を使えるポジションを可能にしてくれる~と思います。

IMG_5027

IMG_5030

IMG_5014

RのDA7600LFに合わせまして、Fは鈴江のLF

IMG_5016

美しいハブだと存知ます!

IMG_5041

ギア車と違い、漕がずに進む~

IMG_5040

ロードフレームベースのRoad Going KOTEIは

ペダリングの効率化やフォームの最適化等々

自転車の基本を、乗るだけで教えてくれる車体だと思いますが~

IMG_5039

そのような事よりも、唯単純に~乗って楽しい車体だと存知ます!

Panasonic Road Going KOTEI ready!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
03.23.2018

Ride through streets with CHESINI!

IMG_4366

CHEISNIのストリート車体、Mod.Svelta Lux!

IMG_4373

レバーにはケービングで車体と同色に筆でペイント~

IMG_4374

ケービング加工は

嘗てイタリアのハンドメイド車体に多く見られましたが

IMG_4369

現在では

IMG_4384

少数派~

IMG_4376

となってしまった時代だと存知ます。

IMG_4387

手曲げに、ブリッジ~RRより、完全に手間が要ると思います。

IMG_4381

フレームカラーと同色にリムまで塗る~

IMG_4382

IMG_4377

IMG_4378

アルティザンワーク!

IMG_4371

バンプする石畳の道なんて気にもせず、ぐんぐんと~

IMG_4372

街を駆け抜けまして、馴染みのバールで~

エスプレッソにスプーン3杯(笑)のシュガーを叩き込み~

一気に飲み干して、

Buona giornata!

で走り去るシニョリーナ~

彼女が駆る車体は、臙脂色を纏ったストリートコミューター!

IMG_4379

スタメアーチャーの3Sで武装致しました、

IMG_4368

IMG_4392

イタリアらしいハンドメイド~

IMG_4385

豊かな人生を謳歌する~

IMG_4390

陽気なイタリアの実用車体~

IMG_4365

奥様や彼女様へ~男子のカブを上げたい(笑)ご同輩諸氏の皆様!

リアルイタリアンハンドメイドは、

エルメスのバーキンや、ブルカリのスネークなどより遥かに~

センスあるギフト、と存知上げます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
03.16.2018

Out of date//PAKE TR!

IMG_3985

Why are u on saddle with PAKE in the first place??

IMG_3986

The street Track going culture already gone,it’s out of date!

IMG_3988

Yeah,that’s right but..

IMG_3989

Me love Fixed gear going!

IMG_3992

Trend culture??

IMG_3993

Doesn’t matter!

IMG_3995

As for me..

IMG_3997

Love riding by Fixed gear!!

ストリートファッションとしては既に廃れたピストバイクブーム~

で御座いますが

今こそ、乗って楽しい普段乗り車体としてのPAKE

http://www.pakebikes.com/

49サイズは緑色、53は緑色、金色、黒~御座います。

自分も53サイズのPAKEと同じジオメトリーのストリートTR~

015

に乗っておりますが、

実用に十分耐える本格的TRジオメトリーだと感じております。

4130規格の単なるド管フレームのPAKEで御座いますが

プロムナードバーでカスタムする~或いは

タフなシティコミューター車体として~等々

自由に、ガンガン使い倒すますには最適~だと存知ます!

Tange 4130 steel frame+Tange infinity fork/30.000JPY(tax less)!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
03.16.2018

For Road Going KOTEI!

IMG_3979

IMG_3984

74DAのヘッドを標準装備致しまして

IMG_3983

Rチェーンステーはクローム

IMG_3982

オリジナルのショートロードエンド~

IMG_3981

Panasonic低温溶接用の別注の丹下プレステージチューブ!

最終工程の塗装まで、自社内製で135.000JPY(tax less)で御座いますが

嘗て多く国内に御座いました我が国マスプロダクションメーカー中

利益創出へのOEMなどには目もくれず全工程自社内製を継続し

我が国製産業の意地を通し続けまして~唯一、

現在まで生き残りましたのがPanasonicで御座います。

伝承される技術と、蓄積した実走データから造り出されますプロダクトは

走行経験の乏しい個人ビルダープロダクトなど、軽く凌駕する内容で御座います。

我が国が誇るマスプロダクションの実力~は

仕上げ云々の過度にマニアックな車体ではなく、

敢えて実走重視の車体で意地を張り走り続けたい~

そのような意地っ張りな方(笑)へは、大いにお勧め申し上げます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
03.08.2018

Fall in love with Su Mizura!

X-uno L1

過日開催されましたNLでのBikemotionで発表されました

CHESINIのold schoolライン代表車種 Mod.X-uno~の

X-uno L3

アニバーサリーバージョン!

X-uno L2

来月早々

p-X-Uno-ann-01_4034c8

スペシャルカラーを纏いますフレームが入る予定で御座いますが

最新のSSRからold schoolラインまで、全てSu Mizuraで御座います。

残りの健康寿命から逆算して鑑みますと~今が最期のタイミング~

であれれます中年世代の皆様は、是非CHESINIのSu Mizuraで

エンドロール(笑)を飾られて下さいませ!

ジオメトリーはc speedでジャストメジャーさせて頂きました後

使用目的を考慮し、CHESINIとc speedでデザインさせて頂きます。

http://www.chesini.it/

Fall in love with Su Mizura,ciao ciao!!

カテゴリー: Blog | コメント: 2 件
03.06.2018

A real custom made CHESINI!

svelta hi 02 DSCF8847

イタリアンアッセンブリーは、シティ車体でもフェンダーのツラ合わせ~

は、タイヤとツラツラ!

ラージフランジハブ+白のファットタイヤ、ラグのクローム~

K様、散々遅れまして申し訳御座いませんでした。

先週末、オランダのBikemotinへ出展しておりました彼等CHESINIは

本日イタリアへ向け帰途へ~で御座いますので、シッピングまで今暫く

お時間ご猶予下さいませ。

BM1

BM2

BM3

カスタムへは、イタリアのセンスとハンドワークが冴え渡る~CHESINI

1925年から継続する、ベローナの工房へお任せ下さいませ!

最新素材からオールドスクール、シティ車体まで全て

ハンドメイドのone by one~で御座います。

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個