Blog

08.04.2020

Veloci Mod.Disco 80’s!

Veloci bike Mod.Disco 80’s

http://www.velocicycle.com/disko80s

スティールフォークのタフな現代のツーリング車体で御座いますが

トップ長519mmのSサイズ~在庫が御座います。

流行の650Bと700Cのコンパチ車体で御座いますが

塗装や仕上げはお値段以上かも知れません!

ご興味頂けます場合は~ご一報下さいませ。

frame-set/105.000JPY(tax less)!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.26.2020

CHESINI outfit!

Alex達もいつも着ておりますCHESINIのTシャツ~

ウェルダーマンモデル!

60’s logoモデル!

そしてCHESINIが創業した初期ロゴの30’sモデル!

size S/M/L  2.500JPY(tax less)each!

veronaのコロッセオをデザイン致しましたcap arena

1.500JPY(tax lss)!

是非、デイリーでもお召し下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.25.2020

CHESINI CENTO!

ご興味頂けます際は、Products欄をご覧下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.20.2020

Resume web!

サーバーの移設が完了致しました!

VelociをProducts欄へ追加致しました、

ご興味頂けます場合は~ご覧下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.14.2020

FYI!

只今サーバー移設により休止中で御座います、

再開まで暫しお時間下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
06.26.2020

Even in the rainy season!

現在、いよいよ本格的な梅雨のシーズンだと存知ます!

急傾が続く箱根旧道七曲り~下りでは

大変タイトな曲がりが連発する難しいルートとも存知ます。

昨日、当クラブの女子選手と共に走行して参りました。

麓では霧雨で御座いましたが、途中からは完全に本降りとなり

箱根名物の霧も濃くなり視界も怪しい状況となりましたので~

サミットまであと少しの甘酒茶屋で引き返す事と致しました。

下りは~

完全なフルウェットへ!

この写真は麓近くまで下った地点で御座いますが、七曲りの核心部では

写真など撮れるような降り方では御座いませんでした(笑)

前をゆく自分のアロイ車輪のブレーキングとコーナリングラインに合わせ~

後続のカーボン車輪も安定した制動を発揮!

無事にダウンヒルをこなせました。

やはり

この水切りアローブレーキサーフェスが効いているのだと存知ます。

雨の下り等々では、

現在のディスクブレーキは確実なアドバンテージだと存知ますものの

最新のハイドロは効きが強すぎる~とも自分は個人的に感じます。

雨のターマックでのバニックブレーキ時等々では

28Cタイヤの路面コンタクト面積など~

簡単にロックさせるパワーを持ち合わせていると存知ます。

ディスクブレーキの能力は認めつつも

RRに於きましては、必ずしもそれがマストではない~

昨日の下りでも再認識致しました。

http://cspeed.jp/blog/gc-wheel/

何処の工場で造られたリムで

何処が出所なのか、全く口外なさらないメーカーが多い中

一切のマスキングは御座いません!

実は原価が相当にお安いのに~これが30万オーバー?

な物は数多御座いますが

GC wheel~価格以上の内容がある、と

手前味噌ながら確信しております!

雨の時期にこそ~お試し下さいませ!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
06.09.2020

Aero form OGK R1CV!

人気のエアロヘルメットのOGK AERO-R1へ

オーバーシェルカウルを装備致しました~

AERO-R1CV!

お馴染みのバイザー付きで御座いますが

カウルを外した状態でも~勿論OKで御座います!

グロスとマットのコントラストが御座いますこのカラーが、一番いいかも~

と自分個人は感じておりますが

TRやTTの用途以外でも、夏はカウル無し+冬はカウル装着~で

年間使える重宝モデルだと存知ます。

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/aero-r1cv/aero-r1cv.html

カラー展開も多く、今期Newモkデルで御座います!

プロKeirinレーサーも練習走行で使用致します!

AERO-R1CV/23.000JPY(tax less)

何万円もするようなヘルメットは無理!

or プラスティックスとスティロールで、あんな値段は詐欺だ(笑)

とのご貴兄へは

十分以上の内容を持つ

こちら!

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/rect/rect.html

RECT/7.200JPY(tax less)!

しっかりした造りで~正直に申し上げ、

いったいこの価格差は何に起因しているのか?

自分程度の思慮では、全く理解出来ません(笑)

IZANAGI/33.000JPY

AERO R1CV/23.000JPY

RECT/7.200JPY

AEROBLADE-5/32.000JPYで~

http://www.ogkkabuto.co.jp/motorcycle/products/fullface/aeroblade5/aeroblade5.html

IZANAGIよりお安いんです!

単車も乗られます方は~7.200JPYが適正価格だろ!

と、普通はお感じになられると存知ます。

ジテンシャ業界の闇は日本海溝より深い~

カーボンプロダクト全般も同じで御座います(笑)

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
06.04.2020

Came OGK IZANAGI !

OGKのNew product

ADモデルが参りました!

展開色中、一番クールだと個人的に感じますこのグリッターカラー!

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/izanagi/izanagi.html

詳細は上記をご覧下さい。

目方だけで御座いますと、

このNewより軽い物もOGKラインには御座いますが

このIZANAGIのプライオリティは、涼しい事と

BOAシステムを導入したフィッティングの良さ~だそうで御座います。

スケルトン部分も

清涼感への大きなアクセントとなっていると感じますが

この夏、2020 Tokyo用に~代表選手と同じ

特別ペイントモデルも予定されていたそうで御座いましたが、、

そのリリースは2021へ~だと推察申し上げます。

そんなIZANAGIで御座いますが、

残念ながら自分はヘルメットを多く使った経験がなく

数多くのヘルメットをこれまで使って来た当クラブ・Yukiko sanヘ

テストして頂く事と致しました!

彼女は現在10個以上ヘルメットを所有しており、

ヘルメットには拘りがあるそうで御座います。

どのヘルメットでも、路面振動でヘルメットが前へ落ちて来てしまい~

アイウェアが押し下げられてしまう事があるそうで御座います。

その辺りの事をBOAシステムで抑制出来るか?

涼しさはどの程度なのか??

湿度が高く気温も30度近くまで上昇致しました本日~

箱根旧道七曲の上り下りで実証走行をして参りました!

湿度が高い中、発汗も多くなります峠の上りでは

さすがに涼しい~まではないものの、

今までのヘルメットよりは快適であったそうで御座います。

ハードなブレーキグが連発するタイトターンが多い旧道七曲の下りでも

コーナリング中の左右へ加重移動の際~

ヘルメットが前へ落ちて来る事はなかったそうで御座います。

凄く気にいった~そうで御座います!

ズレて来る事もなく、フィッティングが特にいい~

との事でも御座いました。

厳しいシーンへ向けた本格的なヘルメットだと存知ます。

お値段も本格的な33.000JPY(Tax less)では御座いますが

本格的な条件へ応える内容をもつプロダクト~と言える

以上、

本日の実証走行の結果で御座いました。

7月より一般販売開始で御座います、ご検討下さいませ!

Came OGK IZAMAGI!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
05.30.2020

For your best ROLLING!

このテのケミカルははいて捨てる程~現在は御座いますが

自分は今、このブルーノを使っております!

ムオンより粘度が全然低く、耐久性には欠けると思いますが~

Muonはドライブがいい代償と致しまして埃を吸うんです。

ゴールドチェーンを愛用しております自分にとりましては

ゴールが黒になる~は由々しき問題で御座います(笑)

ブルーノは汚れにくいと感じておりますが~

更にサラサラ系のロッサーノ!

ブルーノもロッサーノも点眼系でチェーンひとコマひとコマへ

丁寧に~が手順で御座いますが

そんな面倒なのい~から、ブシャーって手早く、

しかも埃を吸わないのがいい!とのご貴兄へは~

レイキッシュがよろしいかと存知上げます!

そしてよく御座います~あ、カジりついたぁ~参ったなぁ、、へは

フリックがお勧めで御座います!

Vipros ブルーノ/ロッサーノ 2.200JPY(tax less)

Vipros レイキッシュ/フリック 1.800JPY

そして

ベルギーのケミカル~MORGAN BLUE

ロッサーノやブルーノと同様、埃や汚れにフォーカス致しました~

extra dry lube/1.400JPY(tax less)

環境へ優しい~

bio bike oil/1.400JPY

ハードな環境に強い~

syn lube course/1.400JPY

オールラウンドユースのcalcium grease/1.500JPY(Tax less)

ヘッドなど水の浸入がネガティブな部分用のaquaproof paste/2.600JPY

カーボンパーツ用のcarbon assembly paste/1.500JPY

梅雨入り前に、ドライ系や耐水系~各種お試し下さいませ!

For your best rolling!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
05.22.2020

GC wheel phase 2!

KK.c speedのカウンターパートで御座いますイタリアのCHESINI~

シンセンのsuperroadも

徐々に稼働し始めました!

しかしながら現況でのシッピングは通常旅客エアが止まっております以上

EMSが使えず~フォワーダーは、自社貨物エア機体を持つ大手さん~

UPS/DHL/Fedexなど~限られた処となっておりますが

シッピングフィーがこれまで以上に要します事となってしまいました。

2set以上でのご発注の場合、

69.000JPY→64.000JPYとさせて頂いておりましたチームディスカウント~

大変恐縮ながら、一時中止とさせて頂きます事をご理解下さいませ。

そして

通常のノーマルGC wheelのスポークはPillar 1423 bladeで御座いますが

こちらのPillar wing 20を~

https://www.pillarspoke.com/wing

使いましたバージョンを77.000JPYで展開させて頂きます!

1423とwing20では1本辺りのお値段と重さも異なりますが

2タイプ乗っておりますと、明らかに両者の違いが分かります。

wing20の方が明確に撓りがありアシにはこない感じが致します!

体重がかなり重い、

或いはパワーがある~そのような方は1423かも知れませんが~

80kを超える体重~または、最大踏力1500Wを超える水準~

そのような場合以外では

8.000JPYのアップチャージとなってしまいますが

wong20バージョンの意味はある、と2種類乗って自分は感じております。

軽さと巡航性を勘案致しますと45mm高リムは間違えない選択~

とも感じております。

GC wheel phase 2 with Pillar wing 20 version/77.000JPY(tax less)

是非お試し下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個