You should bother with Qfactor!

ラルプデュエズバトル~ご記憶の方は多いと存知ます!

Marco

しかしながら、この競走が二名共にドープで支えられていた事へ

失望を隠せない方も、同時に多くおいでだと存知ます。

ランスとマルコ、乗り方もギア比も、違う二人ではありますが

クランクアームとシューズのクリアランス~へご注目下さい。

二人共に、ギリギリだと思います。

これはトルク系ペダリグでも、回転系ペダリングでも共通致します最大効率、

それを発揮させる為になくてはならないセッティング条件=Qfactor

狭いQfactorで回して踏む、最大効率ペダリングを二人はしている~と思います。

画像-0045

SPDクリートは最大限にイン側セット

画像-0046

Tokyo SSS/Dixna 48mmペダル

画像-0047

通常のペダルより、これだけ狭いQfactorとなります。

オフロード走行はスタンスを広く取る方がバランスする~は

全くの誤認だと思います。

オンもオフも、正しいペダリングで車体をバランスさせる~は、常識な筈です。

画像-0048

画像-0049

クリートキャッチ後も左右へ可動し膝に優しいTimeペダル~は

画像-0050

ここまでセッティング可能です!

何だかペダリングがスムースさに欠ける、、

膝が痛む、、

一生懸命トレーニングしている筈なのに、伸び悩む、、

クリートセッティングを、どうセッティングすればいいか分からない、、

そのような方がおられます場合、ご一報下さいませ!

画像-0123

セッティングさせて頂きます。

画像-0004

You should bother with Qfactor for your best Going!!

カテゴリー: Blog パーマリンク
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>