X’mas season has come!

世はX’masへ向けて、まっしぐらだと思います!

クリスチャンではなくて、浄土真宗だとしても~

ガンガンにX’mas(笑)

26thからは、コロっとお正月飾りへチェンジして浄土真宗!

つまり、イベントであると存知ます。

そして、今主流の自転車イベントと申し上げると~

HCだと思います。

イベントを記念致しまして、少しは商いっぽい事を、、(笑)

HC専用のチューブラーウィール、

FRペアウェイト950gです。

リム高24mmで、c speedオリジナル車輪で使うリムと

同じファクトリーのプロダクトです。

スポークはPillarを使い、ビルディングは自分、

若しくは、自分のコムレイドで、USA変態自転車ジャンキー/Tim smith

105.000JPY(Tax in) 2set 限定です。

マッドファイバーや、ライトウェイト同様

下りでは独自の浮遊感覚があります。

飽くまでも、HCレーシング専用ウェポンとご承知おき下さい。

自分は自転車の重さに拘りませんが、、

上がりだけに限定するなら~特に、回転体の話は別だと思います。

T700カーボンリムで、テンションは張ります。

 

HCが人気イベントであれば、

トレーニング系の人気は、パワーメーター系だと思います。

数値で客観視するのは、実に理論的ですが、

ひとつだけ注意するべき事項があると自分は思います。

それは~

数値を追うあまり、ペダリングやフォームを崩してしまう事です。

縦方向のみの踏み重視のペダリグヘ、数値から誘導される可能性~

そこが要注意です!

それをご理解出来る方へ、

T700カーボンクリンチャーリムの32H+Powe Tap

ご承知の通り、Powe Tapのシステムはノンドライブサイドで計測します。

32Hの2crossで組む事が~

現時点に於きましては、数値計測の精度を保つ方法と想像します。

後輪のみ、50mmクリンチャーカーボンリム+32H+Pillar spoke

Power Tap version pro/115.000JPY(Tax in)

Power Tap version 3G/157.500JPY(Tax in)

リム4本を組んだ時点で終了とさせて頂きます。

Power Tap本体のみの価格から考察致しましても~

X’masだと思います(笑)

そして、くれぐれも、縦踏みで数字だけ追う~

その事だけには、絶対にご留意下さいませ。

全て、台無しになります!

 

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>