VS carbon=DUELL steel!

キレる走りと同時に~

スティールが持つ、アシに来ない感覚です。

昨日、Dedaccai E.O.M 16.5のスティールで組まれた、

DUELL スペシャルトラックのシェイクダウンでした!

E.O.Mのロードバージョンは既に乗っておりますが~

シャープな加速感や、キレとかを追求する多くの軽量レースカーボン車

パリンパリンな感覚がすると思います。

そして、速度に乗せる到達時間は短くても、その先の持続安定は~

常に、踏まされると思います。

そこが、大きく違います。

スティール特有の滑走感覚(笑)が~

Dedaccaiのスティールにはあるのと同時に、

アシが残せる感覚もあります。

レースカーボンなら、削られていく、って感覚だと思います。

200Kのゴールまで、削られ続けてもエンプティにならないトレーニング、

それが大前提として求められると同時に、

踏まされ続ける感覚~

コワいですが、それが出来るなら~確かに速いです!

トレーニグを日々続行致しますか?!

そこを割合してくれる(大袈裟!)車体、如何でしょうか?

ハンドメイドの年産200台の車体、選択肢たり得ませんでしょうか??

DUELLのいる位置は、

この車体の正常進化した先、だと思います。

時代はカーボンです。

その流れは、もう変わらないとしても~

流れに抗う分子でいたい、

原子力反対、って言うけれど、自転車はカーボン?(笑)

反逆同盟のご同輩諸氏、

オランダのDUELLです。

products欄、ご覧下さい!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>