The Italian carbon!

c speedのc は、どのような意味ですか?

ごくごく稀に、ご質問を頂く事が御座います。

勿論、carbonのcであります!

・・本当は、それ以外にもあるのですが、、(笑)

スティール車体が好きな事は事実ですが、

carbon車体を否定している、などはありません。

実際に、レースではカーボン車も使っておりました。

そして、イタリア国内生産のカーボンフレーム・・

減っている現在だと思います。

台湾OEMプロダクトが、高性能化している現在

もしかすると、

イタリア国内生産プロダクトへ拘るのは、

ナンセンスである現在なのかも知れません。

でも、

何故、国外OEM化したのかは・・

数の為、より広いビジネスの為、、なのかも知れません。

そしてそれは、正常な事であるとも思います。

でもでも、

数と量の枷を、自らの意思で外すなら~

tubi to tubi製法の

スミズーラで、それぞれの乗り手に合わせて造る事も可能です。

CHESINI K-unoなら

可能です!

大量に造れない代わりに、

イタリアメイドを濃く感じると思います。

CHESINI K-uno

frame set/450,000JPY(Tax in)

カラーリング、サイズはフルオーダーとなります。

オーダーリードタイムは、約8週間です。

オーダー承ります!

写真のcampy SR vertion、最高グレードセッティング車体です。

通常フル車体価格は100万円を越えてしまいますが、、

トップ53サイズ、記念価格です!

大幅な記念価格とさせて頂きます(笑)

ご興味ある方は、ご一報下さいませ。

 

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>