The cheer of a festival can be heard!

The cheer of a festival can be heaed//

ってタイトルのTVドラマが昔ありました。

主演は、あの傷だらけの天使の方でした!

自分世代は、水谷豊さんをTVで見ると・・

未だに、アキラ~だと思います(笑)

それが終了して、オサムは競輪選手の役柄として・・

再び自分達の前に登場したんです。

中学生だった自分は・・そのシブさに完全に心酔していました(笑)

今回の方は、ピストレーサー

=柳ジョージの、あのエンディング映像への思いがあるそうです。

トラックレーサーが持つ、純粋なストレートチェーンライン

今は無き、前田シュパーブのトラックラージハブ

結線スポーク仕様車輪です。

Panaracerのストリートチューブラーを張りました。

贅沢はぜず、杉野RDクランクです。

ステムも日東パールではありません。

普通の物です。

深曲がりではなく、浅曲がりの日東125鉄ピストハンドル

NJSの打刻横で・・

直巻き黒テープ止め

当然、SOYOのニギリです。

直巻き黒ビニールテープは、ステムセンターから左右60mmで固定

黒のアウターケーブルは短めにして、左右のアールを可能な限り揃えます。

このバランスの無い車体セッティング・・

自分には許せません(笑)

あの日のショーケンへの思い、

限られた予算で表現出来たのかは。。

あまり自信はありません。

ショーケンの如く、波乱万丈な崩れたオトコ・・

いつの時代でも、カッコいいと思います。

直次郎号、発進完了です!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>