SSR=stiff?!

現在、注目している素材はSSRです。

通常、硬いというのがSSRだと思います。

フランドルへ実走しに行ったMilaniさんに聞いてみました。

生粋のイタリアンですが、その体型は・・

我々に非常に近いフレンドリー(笑)なシェイプなんです。

典型的日本のファンライダーオジザン、のようなMilaniさん!

あのルートを、あの硬いと定説があるSSRで走った感想は・・

「全然OKだし、楽しいよ!」

・・イタリアンなインプレッションでした。

Celeste Pietro Milani ミドルネームまでカッコいい、イタリアの名前です。

まだ馴染みが薄いSSRの大きな流れは現在二つだと思います。

彼、Milani氏がチョイスしたのは、英国の鉄鋼メーカーのそれではなく、

自国イタリアの物です。

ご存知、イタリアのこのマークの処が誇るSSR

XCr!!

輝く素材感と・・

定番的フォルムが造る、全体としての成立感

伝統的な鋼管でラグドの物とは別な感覚だと思います。

過去の何かを、自らの意思でブラッシュアップする

そんな感覚をSSRに感じるのは大袈裟でしょうか?!

立ち止まらない、って思います。

あの二つの鉄鋼メーカーは、立ち止まってなんかいません。

我々が若い時代に焦れた英国とイタリアの、あの二つの処は・・

現在でも前を向いています!

SSR/super steel racer!

columbus XCr/reynolds 953

注目だと思います!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>