Kaisei 8630R by Panasonic!

画像-0054へ

チネリ・クリテリウムハンドル、美しいシェイプだと思います。

でもでも、美しいだけではありません。

画像-0030ひ

完全に上半身のポジションが出ると思います。

体幹、インナーマッスルを使い

身体全体で車体を効率よく前へ出し

画像-0037ち

30mmレール幅のナローサドルで

狭いQファクターから成立する、ロスの少ないペダリング~

それを支える、

画像-0026し

Kaisei8630RチュービングのPanasonicフレーム

鉄でしょ?!

って、侮る事なんて出来ない程、よく走ります。

The steel Racer

我が国が世界へ誇るマスプロダクションメーカー/Panasonic

そのあり方は世界的にみても、貴重な存在だと思います!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

2 コメント

  1. ごり
    公開日時: 11月 29, 2013 - 9:55 pm | パーマリンク

    今日はありがとうございました。
    クリテリウムハンドル、30ミリsaddle、timeRXS
    何かC SPEEDのこだわりの塊(笑)のようなバイクになりましたね(笑)
    とっても乗りやすいです。無理せず少しづつ慣らしていきます
    やっぱりKAISEI8630Rはいいチューブです。
    また寄らせていただきます

    • hiroshi
      公開日時: 11月 30, 2013 - 7:05 am | パーマリンク

      ごりさん

      おはようございます。

      昨日は有難うございました。

      初めて某社のカーボン車に乗り、お越し頂いた時とは~

      別人のような身体になられたと思います。

      乗れるようになると、更に自転車は楽しいと思います。

      永く、乗られて下さい!

ごり への返信 コメントをキャンセル

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>