It’s a time of TIME!

リリース調整機能つきで、白いボディがカッコいい~

RXS speed!

一番ベーシックなRXS first!

Timeペダルのライン中、一番踏面積があるのがRXSシリーズです。

欠点は、ステップインにクセがある事ですが~

ビンディングペダルが初めてでない方であれば、問題はありません。

一番ペダングが安定するのは、、実はRSXシリーズかも知れません。

その証拠に、Timeは既に3世代前のモデルとなるRXSを未だ廃番としていません!

圧倒的にステップインが容易なIclicシリーズ

Iclic2ではなく、Iclicの初期モデル~

これを探す方も多いと思います。

理由は、ボディにアルミの張りモノが出来た2~

若干ステップインの爽快(笑)さに欠ける為です。

トップモデルのカーボンボディ+チタンスピンドルのモデル~

四万円近いのですが~23.500JPY!、ひとつ限りです。

島野SPDより、遥かにQファクターが狭いオフロードモデル~

面積の小さいMTB用SPDペダルは、距離を走ると点を踏まされている感覚~

お感じになられる方も多いと思います。

しっかり踏面が確保されているTime~

歩く事も出来る、ナローペダリングが可能な唯一の存在だと思います。

膝の故障防止や、狭いナローペダリングでスムーズなペダリング軌道

お望みの方は、絶対にTimeです。

It’s a time of TIME!

このオフ、是非お試し下さい!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>