I’m a traitor and you?!

完成車輪が主流の今へ

反旗を翻す、

ズスエ!

嘗て、NJSスペックのハブは、DAを凌ぐと言われた~

ハブメーカーです。

その流れは一旦途切れたのですが、

蘇る、SUZUEのロゴ

カップカンドコーンではなく、カセットベアリングですが~

トラックハブと共に、注目するべきはロードハブだと思います。

シャープなボディ

アルミボディもありますが、肝心な時に踏ん張るのは勿論、、!

カセットボディから伝わって来る、ラチェットの回転感覚は~

一度海外で触った事がある、ブラウニングの自動拳銃とよく似ていると感じました。

あのスライド感覚とSUZUEのラチェット、似ています!

輝く、SUZUEのロードハブに

DTの2mm黒スポーク、32Hの赤ラベルGP4

よくある、テンション張ってるだけのハンドビルド車輪とは~

別の物でイカせて頂きます。

張る方向性だけなら、リム・スポーク・ハブ、全て専用設計のハイエンド完成車輪に、、

残念ながら敵いません。

溜めを利かせた、伸びる車輪

反応性だけを重視した現在の時流へ

一矢報いるなら、それは~

SUZUEの出番だと思います。

反旗を翻す、ハブ専業メーカー

スズエです!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>