Even old rims are not NEGLIGIBLE!!

本当は、

菱形赤ラベル、金色シール鉄ハトメの~

コイツが欲しかったのですが、もう何処を探してもありませんでした。

このモデルは、ハトメがステンレスになった後期モデルです。

嘗て、パリルーベでも、シクロクロスでも、中心で使われていたのは~

MAVIC GP-4です!

最近、リム単体の出来が非常に落ちたと感じるMAVICですが、

これは、実直なリムメーカーであった最期のモデルと言っていいと思います。

32Hで、2ペアのNEWを確保しました。

既に1ペアはご予約済みです。

今の時代~チューブラーは、ハードルが高いかも知れません。

しかしながら、過去の物と言ってバカには出来ない水準が~

今尚、GP-4には宿っていると思います!

そして、新家工業の~

中野選手のV10を支えた、

AERO1

自分は高校時代、このAERO1の24Hと、パナのラピーデ18mmで走っていました。

2012年の今、NEWのAERO1

しかも、ポリッシュに出会えるなんて!

28H/32H各1本

ハードアルマイトバージョンの32Hも1ペア確保しております。

強度はアルマイトの方ですが、ピカピカのポリッシュのAERO1

今、何本NEWが現存しているのでしょうか?!

シビレます(笑)

組み合わせるタイヤは、勿論~SOYO30Aしかありません!

中野選手と共に、死闘を繰り返したARAYA AERO1

世界各地の250Mバンクを、

長澤号と共に全力で戦った、新家工業渾身のリムです。

GP-4同様、現在に於いても一線級の物だと思います。

ご興味ある方は、ご一報下さい!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>