AGAIN the Randonneur!

嘗て、皆さん~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このような行為(笑)をなされていたと存知ます。

今更、また~は、ナイと思いますが

でも、梅雨も明ければ暑い夏が来ます。

レーサー乗るには、とてもキツい夏!

速度の呪縛、頑張る自分を暫し解放させて~

003

こんなタイヤと、

004

こんなリムで~暑い夏を、マイペースで乗り切るのは如何でしょうか?!

今既に、マスプロメーカーの車体は残っていません。

唯一、650Aのハチサン車輪で踏ん張るのは~

603_op1

深谷産業のDAVOSです。

603_op3

輪行ガートに電装系、Fキャリアを標準装備する~

Davos randonneur とても内容がいいと思います。

速さと対極な一台です!

マルーンレッド・グリーン・ブルー/50/52/54/56のカラーサイズ展開で~

145.000JPY!(Tax in)

pana tu

深谷Davosにも、700C車輪モデルがありますが~

スポルティーフの選択なら、圧倒的にコレです!

丹下プレステージフレームに、カンティブレーキ仕様

完成車体で、198.000JPY

pana tu2

台湾生産の台湾7部組み出荷モノとは、ワケが違います。

完全に、我が国生産、我が国組み出荷物です。

pana tu3

完成車体とは別で、この状態でも~

125.000JPY!  ガートとFキャリア、へッドセット、ブレーキ小物込みの値段~

大変なパワープライスだと思います!

レーサーを速く転がすのも、刺激的で楽しいのですが、

その対極は、

夏にこそ、出来る事かも知れません。

速く走らない事、マイペースである事、頑張らない事

競走ばかりの今、頑張る事ばかり(笑)の今、

敢えて乗るのは如何でしょうか?!

AGAIN the Randonneur!!~別の風景が、見えて来る筈です!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>