懐かしい?珍しい??





いつもc speed前に、片倉シルクのトラックを置いています。

コレは、当クラブ監督の僚友の方の車体ですが・・

トラックレーサーは、こんなモノだ、っていう体験用車体なんです。

30年前位の車体ですが、カンパレコードで武装した車体です!

当時からカンパは回転部分の精度が高い、って言われていました。

ハブ・ペダルシャフト・・

当然、若い時代の自分には、カンパはムリだったワケで・・

実はカンパのペダルに実際に触れたのは、コレが初めてなんです!

・・全然スムーズです。

全く、OKです!

三ヶ島派ではなくて、極東派だった自分は、プロエースを使っていました。

カンパに憧れながら、です。

初めて触るカンパペダル、憧れていたカンパペダルです。

8月の暑い日中、暇な時間も多く(笑)、この片倉が話相手な事が多々あるんです!

雑談の最中・・

「オマエ、オレ様のニギリ見てみろよ」

「??」

「なんて書いてアル?見えるか??」

「ソ・・ソーヨータイヤ、ってアルけど」

「そうだ、あのソーヨータイヤだ」

「えぇー、ソーヨーがニギリなんて造っていたんだ?!」

「どーだ、知らなかっただろ!」

マイリました。

自分が高校時代に初めて乗ったのも、片倉のトラックでした。

・・ソーヨーの100番(チューブラータイヤです)が付いていたんです。

あのクソ重くて黒い、100番です!

今、ソーヨーの○○番なんて言ったところで・・

何ですか、ソレ??

ッて感じだと思います。

番手が多い数字なる程、重くて丈夫だったんです(笑)

あのソーヨーがニギリかよ、しかも・・ソーヨータイヤ、って書いてあるし!!

当クラブ監督の僚友の方ですから、ガチンコの乗り手の方だったと想像致します。

ソーヨーのニギリを力いっぱい握って、2コーナー上から山降ろし駆けていたんだと思います!

そんなこんなで、ニョロっていると・・

外人さん登場!

近所に住んでいるドイツ人の方でした。

Mr.TJ Bruder氏、グラフィックデザインの仕事をしているそうです。

メンテナンス依頼を受けましたが・・

車体見て・・

見た事ナイ車体でした。

オランダに住んでいて、そこで買った状態を日本へ持ち込んだそうです。

B1、ってブランド名ですが、バタバス社が大元のメーカーだそうです。

NYCでトレーダーの仕事もしていた、ってMr.TJですが・・

なんと、クレージースキッドFixie、James Ferrerも知っている、とか!

まあ、Jamesの知り合いなら、同じようなモン(笑)だと思います。

・・まずまずの、クレージーだと思います!

そんなこんなで・・懐かしい、珍しい、でした!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメント: 1

  1. admin
    公開日時: 8月 4, 2010 - 3:14 pm | パーマリンク

    そんなこんなで・・懐かしい、珍しい、でした!

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>