カテゴリーアーカイブ: Blog

FYI!

20(土)21日(日)、レースサポート他諸般の事情により

臨時休業とさせて頂きます。

申し訳御座いません!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Go ahead,Sasaki Bros.!

佐々木一門の街道走行~4車縦列、一糸乱れぬ直線軌道走行!

そこらの素人様とは全く別次元の走行だと存知ます。

父上、兄上の後を追い~今月、小倉で試験に臨みます。

独走とハロンの時計を聞く限り、イケる筈で御座います!

ひとつの事へ賭ける若者~皆様のご声援を期待申し上げます。

Go ahead,Sasaki Bros.!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Free invitation ticket!

自分は全く興味御座いません(笑)ので~ご入り用な方がおられます場合

ご進呈申し上げます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Chinese carbon products!

50mm高のTLR/28H~Road Going KOTEI用

或いは、街道TR用として御座いいますが、何方様からも~

ご反応を頂戴しておりません(笑)

http://cspeed.jp/products/frame/38mm-c-speed-speciale/

ギア車用のRアンシンメトリックは、なかなかの出来であったと存知ます。

中国人のGenから、ダイレクトオファーを受けまして

https://www.superroadbikes.com/

トレードを開始致しましたが、ファウンダーはUKの方だそうです。

年間UKの某有名ブランドさん用へ12000pieceのリムを拵えており

社員数は約200名~プロダクトは全て、UCIアプルーバルです。

偏見で御座いますが、これまで中国人の知り合いもおらず

国家としての立ち振る舞いも~全く好きにはなれませんでした。

Genとは電話での会話だけで面識はまだ御座いませんが、自分のこれまでの

中国人に対する意識を大きく変える人物で御座いました!

嘘や騙しなど、Genからは感じられず~

プロダクト自体も、実際に大変高品質で御座いました。

所謂、中華カーボン~を自分は低品質・低価格だけのプロダクト

そう思っておりましたが、中国人のイメージと共に意識を変える契機~

となりまして

自分個人用のFive spokeを入れてみました。

3K glossy finishを選択致しましたが

仕上がりも、バランスも、回転精度も~文句御座いません。

同じ5 spokeでは、Mavic ioが50万円、Corimaが30万円~で御座いますが

こちらは、98.000JPY(tax less)で御座います!

まだ走行はしておりませんが、安かろう悪かろう~ではないプロダクト

だと感じております。

真面目な中国人Genが言うように、某UK有名ブランドさんからも

サプライヤーとして高い評価を得ている~は、本当だと感じます。

Disk車輪はフラット形状で御座いますが、リム諸々~ご興味御座います方は

是非、中華カーボン(笑)をお使いになられて下さいませ。

ネットセールスに氾濫しております中華カーボンでUCIアプルーバルプロダクトなど

殆ど存在していないと感じますが、

Genの処の物は、皆様の中華カーボンへのイメージを変える力がある

と存知上げます!

Go ahead with chinese carbon products!

カテゴリー: Blog | コメント: 6 件

For your happy ride!

いよいよ季節は寒い時期へ~が現実化しつつある現在と存知ます!

疲労も回復しずらい時期へは

こちらのリカバリープロテインだと存知上げます!

加齢と共に身体のケアの頻度を上げておりませんと~

楽しいサイクリグは不可能であると存知ますが

これは一定の効果があると使って思います。

3action Recovery protein/5.400JPY(tax less)

そしてこの時期からは、走行前に怪我防止の為使っております~

スタートオイル!

2は5度~10度

3は0度~5度

寒がりな中高年諸氏へは、自分同様3~をお勧め申し上げます(笑)

血流で温める事が困難な靭帯や腱の怪我抑制へ~

特に、中年以降の加齢したEgへはウォームアップオイルは不可欠~

と感じます!

Sportsbalum warm-up oil/2.100JPY(tax less)

Both are for your happy ride!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Which do u like better?Act 2

同じ処を4本~昨日走って参りました。

versionHは5800、FRTC01はR8000、車輪はどちらも同じシマノ廉価品~

で御座いましたので

どちらも車輪の近代化(笑)で更によくなります余地があると存知ます。

スローピングデザインのMod.FRTC01はversionHとどう違うのか?

自分の中では、大変に興味ある事で御座いました!

湿度も低く、秋を感じる爽やかな気候で御座いましたが

きのこセンター手前の、デリカと

レオーネが御座いますこの急傾斜セクションで、

versionHより明らかに少ない力で上がって行くんです!

これがフレームの差?と思いましたが、実は~この車体のR最大は30丁(笑)

28丁で御座いましたversionHより少ない力で上がりますのも当然で御座います。

前日の雨で、昔ゲートが御座いました処から慎太郎平までのセクションは

雨を含んだ木っ端が散乱しておりまして、立ち漕ぎですと

ここの傾斜では簡単に後輪は空転~で御座いました。

シッティングでのクリアを余儀なくされましたが、

90度の位置をトルクピークに致しまして踏み込む~よりも

上支点で膝を使う乗り方~の方が、全然楽に速く上がる

そう感じました。

これはversionHにも全く同じ感覚を覚えますが

膝の位置を高く致しまして~踏みではなく降ろすだけ、で

車体は前へ自然に出てくれると思いま。

とは申しましても~ペースは

https://www.youtube.com/watch?v=refZvJogFxI

https://www.youtube.com/watch?v=8IoBzBHvokY

このような低水準で御座いますので、参考とはならないと存知ます(笑)

下りは、この車体の特徴でも御座いますハンガードロップ63mm

自分の感覚では、加重移動をしない状態でも~視線だけで車体が曲がる~

今まで乗りました全ての車体の中で、一番の旋回性能だと思いました。

山岳サイクリングで、上がりも下りも楽しみたい~等々ですと

最高な1日を演出してくれるかも知れません!

気になっておりましたversionHとの差は、R30丁だった為か

こちらのスローピングデザイン車体の方が明らかに軽く上がると思います。

但し、平地でギアを踏めて行く感覚はversionHの方がいいと感じます。

https://www.youtube.com/watch?v=WfanphzLcDo

両車共通して言えます事は、乗り手以上走行を実現してくれる事~

であると感じた次第で御座います!

完全エクスクルーシヴの新日鉄住友製のアウトバデットTiチューブ車体~

通常のTi車体は、チューブコンストラクターから出来物のTiチューブを買い入れ

ビルド致します事が多いと存知ますが

PanasonicのアウトバデットTiチューブは、他の何処も使っておりません。

この車体だけの完全別注チューブで御座います。

まがい物ではなく、熱量溢れるハンドメイドのマスプロダクション車体~

値段だけの内容は確実にある

チューブからビルドまで完全ジャパンメイド車体~で御座います!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Which to u like better?Act 1

今年の5月~場所は風張林道

PanasonicのアウトバデットTi versionHで

スイッチバック地点からサミットまで

4回上がる~を致しましたが、この日は気温が高く3本目でタレました。

しかしながら、4本目でペースは回復致しました。今までこの場所での4本上がり~

DUELL SAT/Renovo/Yonex HR///いくつかの車体で上がっておりますが

4本目でペースを上げられたのは初めてで御座いました。

PanasonicのアウトバデットTi最大の特徴と個人的に感じます、

トルクが要る場面での踏みに対するオツリ→アシにくる

アシがどんどん削られて来る~が、他の車体と比較して驚く水準で少ない~

を、4本目のペース回復で実感致しました。

https://www.youtube.com/watch?v=M8oLSPPhBYE&t=4s

https://www.youtube.com/watch?v=Cnsvf24JKUs

この程度のペースメイクしか出来ない乗り手レベルの事~として

で御座いますので、あまりご参考とはならないと存知ます(笑)

下りでの安定感、振動をいなしタイヤが路面を放さない接地感~は

より安全に楽しく下りを行ける~と感じました。

普段使えないような大きなギア倍数を、上がりでも平地でも使えてしまい

普段その代償として支払うアシに来る~が無い

距離を重ねましても、全くその気配が無い魔法の絨毯のような車体だと思います。

シマノのRS21~こちらを、カーボン車輪ヘ換えただけでも

全ての項目がまた上の水準へいくと感じます。

自分のこれまでの経験だけでは御座いますが、これだけ速い車体は

アシに来るんです。

でもそれを全く感じません!

因みに、versionLは~鈍く、Hの水準とは違う車体だと感じます。

以上はレーサーではなく、ツーリストレベルの範囲内の事で御座います事も

ご承知おき下さいませ。

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Test Ride!

テストライド~お越し頂いております。

是非お越し下さい!と申し上げました途端、恐縮で御座いますが

23日(日)レースサポートの為臨時休業~

24日(月)都合により1600までの営業~

29日(土)30日(日)鉄中年鉄心会林道ツーリングの為臨時休業~

申し訳御座いません、、!

テスト車体は10月8日/1500まで御座います。

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Panasonic Ti Mod.FRTC01!

versionHとLは~お借りして散々乗らせて頂きました。

その下の丸管モデルは、完全にサイクリング用車体~と感じます。

遂に、Panasonic Tiライン最後発モデル~テスト車体をお借り致しました!

いつもの処で

停止状態からのゼロスタート~

あっと言う間の8本~

で御座いました!

このチェーンステーの形状と

このスキニーなシートステーの形状~

メイン三角はversionLと基本的には同じ~では御座いますが、

トップのダイアメターを若干サイズダウン致しまして、より「撓る」方向性へ~

そして、BBドロップを5mm上げまして、俊敏性を持たる方向性へ~

まだ乗り込んではおりませんが

鈍いと感じましたversionLとは別物、

全く違う車体~と感じました。

プレステージでは、8本は苦痛でしか御座いませんが~あっと言う間に

終了~となりまして

車体と致しましての次元が違う、と強く感じた次第で御座います!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

CHESINI from verona!

1925年からveronaで造り続けるCHESINI!

https://www.chesini.it/bici/x-uno-anniversary-2ed

クラシコから~

https://www.chesini.it/bici/gran-premio-disk

https://www.chesini.it/bici/xrs925-blucre

ヌーヴォまで~

気軽なランアバウトも~

https://www.chesini.it/bici/briosha-115

御座います!

全てveronaでハンドビルド、全てカスタムで御座います。

CHESINIのプロダクトはKK.c speed以外、

イタリアンカスタムビルドフレームへのご造詣、及びセットアップのご経験~

があられますLBS様が皆様のお近くに御座います場合、そちらのLBS様を通じまして

お納め可能な場合も御座います。

クラシコからヌーヴォまで、イタリアの熱を~是非、ご体感下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

FYI!

20(土)21日(日)、レースサポート他諸般の事情により 臨時休業とさせて頂きます。 申し訳御座いません!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Go ahead,Sasaki Bros.!

佐々木一門の街道走行~4車縦列、一糸乱れぬ直線軌道走行! そこらの素人様とは全く別次元の走行だと存知ます。 父 […]

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Free invitation ticket!

自分は全く興味御座いません(笑)ので~ご入り用な方がおられます場合 ご進呈申し上げます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Chinese carbon products!

50mm高のTLR/28H~Road Going KOTEI用 或いは、街道TR用として御座いいますが、何方様 […]

カテゴリー: Blog | コメント: 6 件

For your happy ride!

いよいよ季節は寒い時期へ~が現実化しつつある現在と存知ます! 疲労も回復しずらい時期へは こちらのリカバリープ […]

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Which do u like better?Act 2

同じ処を4本~昨日走って参りました。 versionHは5800、FRTC01はR8000、車輪はどちらも同じ […]

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Which to u like better?Act 1

今年の5月~場所は風張林道 PanasonicのアウトバデットTi versionHで スイッチバック地点から […]

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Test Ride!

テストライド~お越し頂いております。 是非お越し下さい!と申し上げました途端、恐縮で御座いますが 23日(日) […]

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

Panasonic Ti Mod.FRTC01!

versionHとLは~お借りして散々乗らせて頂きました。 その下の丸管モデルは、完全にサイクリング用車体~と […]

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個

CHESINI from verona!

1925年からveronaで造り続けるCHESINI! https://www.chesini.it/bici […]

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個